家族葬のダビアス新潟【公式】

通話料無料:0120-910-145 (365日・24時間対応)

-->

【一般葬】代々受け継がれてきた想い

この葬儀事例の特徴

観音懺法

故人様の家系は、亡くなった人を「観音懺法」で供養してきました。

観音懺法は曹洞宗や臨済宗等、禅宗の儀式で、葬儀や法要に6ヶ寺の僧侶が集まり、「人が生きているうちに犯した罪を悔い改める為に、罪を神仏に告白する事で、仏の心を取り戻す」お経をあげる伝統的な儀式です。

最近「観音懺法」で供養をしている方はほとんど見られなくなりましたが、喪主を務める息子さんは迷わず「観音懺法をお願いします」とおっしゃられました。

その言葉には、ご先祖様から代々続く伝統を受け継ぐという強い意思を感じられました。

伝統を受け継ぎ、ご先祖様と同じように供養する事で、連れ合いを亡くしたお父さんの悲しみが少しでも癒えたらという、息子様達なりのあたたかい想いが伝わるご葬儀でした。

 

新潟葬儀事例 新潟葬儀事例

【データ】
一般葬/~200人/2017年春

通夜、告別式

やまうち会館(山内葬祭)
新潟県燕市小高1613
上越新幹線燕三条駅から車で5分
北陸自動車道三条燕インターから車で5分

火葬

燕・弥彦総合事務組合斎場
新潟県燕市吉田吉栄755

« 前のページに戻る